天才的な凄さ!バッハが曲の中に仕組んだ秘密に震えが止まらない!

驚きの次に更なる驚きが待っている!
バッハが晩年に作曲した「蟹のカノン(Crab Canon)」に隠された秘密がまさに天才的。

何が凄いのかを、おわかり頂けただろうか?

①楽譜通りに進行しても、当然普通に演奏できる。

②最後まで行った後に、逆行して演奏しても完璧に音楽が成り立つ。しかも①とは違う旋律。

③両方から同時に演奏しても、美しいメロディーになっている。

④楽譜自体がメビウスの輪になっている。

最後まで驚愕の連続…。

これはちょっと凄すぎて言葉が出ないですね。

スポンサーリンク

ほかの記事もおすすめです!

関連記事とスポンサーリンク
フォローミー!