「まだまだ時間のある皆さんへ」続く言葉に…胸を震わせる

勉強や仕事も大事だけれど、もっと大事な事が小池先生の言葉に詰まってる。今いる場所に留まる必要なんてどこにもないんだ!

年齢82歳。小池一夫先生の言葉。「まだまだ時間のある皆さんへ」誰かにこの言葉が届くといいな。

この言葉を必要としている誰かに。

「死ぬぐらいなら…」

スポンサーリンク

ほかの記事もおすすめです!

関連記事とスポンサーリンク
フォローミー!