【心にグサっと響く詩】自分の感受性くらい、自分で守れ、ばかものよ!

茨木のり子さんは、日本を代表する女性詩人であり、「わたしが一番きれいだったとき」という詩は国語の教科書にも掲載されていました。

彼女の詩は、ドラマ「金八先生」の中でもよく取り上げられていましたが、今回はその中の「自分の感受性くらい」という素晴らしい詩をご紹介させて頂きます。

茨木のり子さんの詩
img via / here

自分自身の人生の主役は常に自分自身。他人にあなたの人生を取って代わることはできません。

こんな時代だからこそ、何度も噛み締めて読みたい…。

自分の感受性くらい
出典 / here

ぱさぱさに乾いてゆく心を

ひとのせいにはするな

みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを

友人のせいにはするな

しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを

近親のせいにはするな

なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを

暮らしのせいにはするな

そもそもが

ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を

時代のせいにはするな

わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!