「どうして犬の寿命は人間よりも短いの?」世界が納得した6歳少年の驚きの『答え』

6歳の少年・シェーンには、生まれたときからずっと一緒だった愛犬のベッカーがいた。しかしベッカーは10歳で末期がんを発症し、余命もあとわずかとなってしまった。末期がんの苦痛は相当なもの。「家で安楽死をさせてあげるべきかもしれない」と獣医から助言された。

そしてシェーンの両親は、6歳の息子にも最後の時に立ち会わせることにした。ベッカーを見送った後、「どうして動物の命は人間よりも短いのだろう?」ということを大人たちが話し合っていると、横で静かに聞いていたシェーンが口を開く。

「ぼく、その理由を知ってるよ」

「人はみんな生まれてきてから、だれかを愛すことや幸せな人生を送る方法を覚えるでしょ?でも犬は生まれたときからもうすでにその方法を知っているから、長く生きる必要がないんだよ。」

愛犬ベッカーは、物心がついたときからずっとシェーンのそばにいてくれた大親友。

ペットは家族の一員です。無条件で人間を愛してくれて純粋な心を持っている。シェーンは命の尊さ、そして多くの大切なことをベッカーから学んだようです。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!