滋賀県民の「琵琶湖の水止めたろか!」本当にやったらどうなるかをシミュレーションしてみたらw

滋賀のことをなめたような発言をしたら、「琵琶湖の水止めたろか!」と滋賀県民は言う!

実際にやったらどうなるかをシミュレーションした結果→自滅行為でした(笑)

『瀬田川洗堰を全閉して「琵琶湖の水止めたろか!」をシミュレーションしてみた結果、沿岸部と水田地帯がことごとく水没して、甚だしい経済損失が発生した…』




『思い切って湖南アルプスを大規模に山体崩壊させて、瀬田川からの流出を強引に食い止めてみたものの、琵琶湖の水位が30mほど上昇したところで鉄道トンネルを通って京都方面へ水が抜け出した…』

『一方、その頃、長浜では…』

『盲点だった水の抜け穴(高速道路や鉄道のトンネル)に栓をしたところ、面白いように水が溜まっていき、ついに琵琶湖の水位が+80mに達した!』

『琵琶湖の水位が80m上昇した滋賀県、完全に世紀末。』




『水位が80m上昇したところで、逢坂山に新しい川が出現してしまった。やっぱり琵琶湖の水は京都に行きたがっているんだな。』

「止めたろか」できないのか!

つまり…「琵琶湖の水止めたろか!」は「×お前らの生活用水枯らしたろか!」ではなく「○相討ちして果てる覚悟」…ということに?(笑)

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!