メイクの違いでまるで別人!?資生堂、「日本女性の化粧の変遷100年」が凄い

1920年~現在に至るまでの化粧の変遷を1名のモデルで再現!

資生堂公式サイトに掲載された、日本女性の化粧の変遷100年!女性の化粧が世の中の雰囲気=世相を反映しているという点もすっごく興味深いです!(参照・出典: 資生堂公式サイト

1920年代/大正ロマンのモダンガール

1930年代/銀幕女優への憧れ化粧

1950年代/アメリカンスタイルとヘップバーンがお手本

1960年代/欧米志向真っ盛り、西洋人形風

1970年代前期/フォークロア調アンニュイなヒッピースタイル

1970年代後期/欧米志向を脱却、日本美を見直し

1980年代初期~中期/ジャパンアズナンバーワンのキャリアウーマン

1980年代後期~1990年代初期/バブル期のワンレン・ボディ・コン にわかお嬢様

1990年代後期~2000年代初期/ミレニアムのヒカル クールビューティー

2000年代中期~後期/モテ気分の盛化粧

2010年代中期/にわか好景気の、バブルリバイバル

2011年3.11以降/癒し愛され・ゆるふわ化粧

2020年未来予測、(1)ジャパンカラー

2020年未来予測、(2)スポーティーポップ

(´-`).。oO( 「化粧は時代を映し出す」、カッコいい!

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!