「こち亀」連載終了へ、【両さんからのメッセージ】がこれでこそ「こち亀」らしい演出だった

こち亀に終わりが来るなんて思っていなかった…。ずっとずっと続くものだと思っていた…。

今年で連載40周年を迎えた大人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、17日発売の「週刊少年ジャンプ」で連載を終えることになりました。世代を超えて親しまれた人気漫画。『両さんからのメッセージ』が、これでこそ「こち亀」らしい演出でした。

ありがとう、両さん。ありがとう、秋本先生。



こち亀の漫画の中で本当にありそうな展開。

どうせまた復活するんでしょ!そう言いたい、そう言っちゃうのがこち亀ファン。

会見時の秋本先生からのメッセージ
出典 / news.livedoor

びっくりさせて申し訳ないです。

今日、こんなめでたい席で終わっちゃうのは寂しいかもしれないけど、本当はすごくおめでたいことで、少年誌で漫画が40年続くってことはまずありえないですよね。

やっぱり、少年誌は読んでくれる方がどんどん変わるし、ましてや週刊の方は色んな新しいのを入れながら動くってのが少年誌の王道なので。そんな場所で40年描かせてもらえたことは本当に嬉しいことなんです。

ましてや200冊まで出してくれたっていう、集英社と週刊少年ジャンプ編集部に作家としては本当にどれだけ頭を下げても足りないぐらいです。200巻は作家にとって、勲章みたいなものですね。

両さんはお祭りが大好きなんですね。で、200巻ということで、区切れの200で止めるのが一番こう、ぱっと身を引くのもいいし、40周年でみんなで祝ってもらったときにスッと消える感じがやっぱり両さんらしいし、そしたらこれしかないなということで。

もちろん編集長とかはできるだけ描いてくださいというのもありましたけど、やっぱり両さんの引き際としては、200冊残して40周年で祝ってもらってスッと消えるのがやっぱり一番良い大団円の場かなと思いましてそれで決めました。

これ本当に作家冥利に尽きる話で、もちろんいつまでもずっと描きたい気持ちはもちろんあるし、『こち亀』のネタはまだまだ沢山あります。

でもやっぱり両さんはこれで一区切りつけて、機会があれば時々遊びにいくぐらいはいいかなと思ってます。

こち亀.com」にはこの他にも、『こち亀40年史』や『こち亀展』などの情報が紹介されています!

無休で40年間、本当にお疲れ様でした!

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!