【注意】叩いてもいけない!触れてもいけない!夏に飛来する『やけど虫』の怖さと対処法

日本全土に広く分布する「やけど虫」への注意呼びかけが始まっています。

正式名称はアオバアリガタハネカクシ。6~8月にもっとも多く発生するようで、卵・幼虫・蛹・成虫とも体液に有毒なペデリンを有しているといいます。

叩いてもいけない!触れてもいけない!

成虫体長6.5~7㎜。頭部がアリに似て黒色で、胸部が橙色・鞘翅が藍色・腹部は橙色で末端部が黒色という特徴的な色彩。

また厄介なのが、虫を潰した時だけでなく、触れただけでも皮膚に体液が付き炎症を引き起こし、目に入ると激しい痛み・結膜炎・角膜炎・虹彩炎が起こるというのです。

遭遇してしまったら…

屋内に侵入した場合には、直接、素手で触らないように注意して屋外に摘み出すか、速やかに殺虫します。虫の死骸や分泌物にも有毒成分が含まれていますので、注意して処分します。

もし、虫体に触れたり、体液が皮膚に付いた場合には、すぐに水でよく洗浄します。皮膚に水ぶくれができてしまったら、やけどと同じ様な処置をとります。

( 画像出典 / NAVERまとめ

同じくイカリ消毒オンラインショップさんの説明によると、症状は付着後およそ2時間ほどして痒みを感じ、発赤・水ぶくれ・やがて火傷をした時のような痛みに変わっていくといいます。

害虫駆除の相談などを行う「環境コントロールセンター」の公式サイトでは…

ハネカクシ(アオバアリガタハネカクシ)の駆除

体に付着した場合や屋内に侵入してきた場合には、むやみに素手で触らないように取り除くか、市販のエアゾール剤にて殺虫します。また、光への誘引を防ぐために、夜間は窓を閉める、網戸にするなど開放しないよう注意しましょう。体液が皮膚に付いたらよく水で洗い、ステロイド軟膏を塗って冷やします。目に入った場合には早めに水で洗い流し、すぐに病院に行きましょう。

刺されたまま放置していると完治するまで2週間以上もかかってしまい、痕が残ることもあるようです。

くれぐれも素手で触らないこと。気をつけて対処することが肝心です!

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!