【衝撃】本田圭佑選手が小学生時代に書いた「将来の夢」が凄すぎる!

日本代表の中心選手であると共に、セリエAの名門ACミランで背番号10を背負う本田圭佑選手!

彼が小学生のときに書いた作文は、イタリア紙「 ガゼッタ・デロ・スポルト 」にも掲載されたほどで、その内容には目を見張るものがあったのです!

本田圭佑選手の作文 / 将来の夢
img via / here

「将来の夢」

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。

だから、今、ぼくはガンバッている。

今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。

そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。

そしてレギュラーになって10番で活躍します。

一年間の給料は40億円はほしいです。

プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。

一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。

セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。

ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。

この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

動画もあります!

(´-`).。oO( このままいくと、次のW杯あたりで日本代表が…!

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!