数々の驚きと衝撃!アナと雪の女王に隠された11個の秘密

「あなたが恐らく知らないであろう”Frozen”に関するいくつかのこと」という コチラ の海外記事より。

この記事には、制作スタッフたちが明かした作品の秘密なども書かれており、今回はその中から11個をピックアップしてみました!

ラプンツェルとアナ、エルサは従姉妹。

これは噂にもありましたが、アナ達とラプンツェルの母親は姉妹という設定だったようです。

ラプンツェルとフリン・ライダーが作中に登場する。

エルサが女王になるための戴冠式が開かれるシーンで、お城の門の前にチラリと登場しています!

エルサは悪役の設定だった。

製作陣が、エルサの人物像を表現した「Let It Go」を物凄く気に入り、エルサはこの作品の悪役ではないと判断したようです。

エルサはディズニープリンセス初の20代。

ディズニーに登場するプリンセスたちは、みんな10代という事実。ちなみにエルサは21歳、アナは18歳です。

登場人物の名前は原作者の名前に由来する。

主な登場人物のうち、アナ、山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、ハンス王子の名前がこれにあたります。

ディズニー映画ではじめて悪役とデュエットしたプリンセス。

ディズニー・プリンセスでヴィランズ(悪役)とデュエットしているのはアナだけ!

「Let It Go」のシーンの城は、制作に計132時間を要した。

エルサが「氷の城」を創りだすシーンには、50人ものアニメーターが参加したんだとか!

オラフは本当に60秒数えていた。

アナがクリストフとオラフに「ちょっと待って」と言うシーン。オラフは作中で本当に60秒を数えていたようです!

オラフの名前の由来はダジャレ。

陽気で笑顔をたやさない素敵なキャラクター「オラフ」。名前の由来は、英語の「Oh!Laugh」をそのまま名前にしたんですって!

エルサが紫色のケープを外した理由。

北欧の文化では、紫は伝統的な王室カラー。その紫を捨てたのは、「王室の責任から逃れる」という意味があったようです。

挿入歌「氷の心」は結末を歌ったもの。

男たちが池に張った氷を切り出すシーン。挿入歌の「氷の心」は結末を歌ったものだったのです。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!