海外でそのジェスチャーは危険かも!覚えておきたいNGハンドサイン12個

写真などを撮るときはピースサインを。良い事があればグッドサインを。承認するときはオッケーサインを。

日常生活でよく使いがちなそのジェスチャーも、海外では違った意味になってしまうものがあるので注意が必要です。

外国でやってはいけないハンドサイン一覧
出典 / tripadvisor

「日本」では良いけれど、「海外」では危険という風にひとくくりに出来れば良いのですが、国ごとに異なることもありますので、よくやってしまいがちなサインだけでも覚えておくと良いかもしれません。

ピースサイン
img via / here

ギリシャではタブー!ピースサインは侮辱を意味することになるので注意が必要。

親指を立てて「いいね」のサイン
img via / here

中東・西アフリカ・南米などではタブー!中東では非常に下品な意味となり、ギリシャでは侮辱のサインとなります。

親指と人差し指で輪をつくるOKサイン
img via / here

親指と人さし指で輪っかを作るOKサインは、数多くの国で良い意味を持たないハンドサインとされています。フランスやギリシャでは「侮辱」、ブラジルでは「おれは危険だぞ」という意味になります。

ブーイングサイン
img via / here

これはある種日本でも同じですね。アメリカやイギリスなどでも侮辱の仕草になります。

小指だけを立てる
img via / here

中国では侮辱の意味になります。一番小さい指を立てることは、「役立たず」や「出来損ない」という意味になってしまうそうです。

中指を立てる
img via / here

これは我々日本人でもやってはいけない認識がありますよね。ファックユーなどの侮蔑表現に相当する卑猥で強烈な仕草です。

親指をひとさし指と中指の間から出す
img via / here

これはとっても卑猥な表現で、それを相手にすることは侮辱に繋がります。トルコがNG国になっていますが、極力使わない方がベター。

ひとさし指と小指だけ立てる
img via / here

プロレスラーの武藤選手のキメポーズをイメージしてください。地中海エリアでは弱い子やぎの角を意味するようで、侮辱の仕草にあたります。

相手にパーの状態を見せる
img via / here

誰かを立ち止まらせた時に、よくやるのが手のひらを前にぐっと出すストップサイン。ギリシャでは「顔に泥を塗る」という意味があり、相手を怒らせてしまうかもしれません。

逆ピースサイン
img via / here

イギリス、オーストラリアでは性的な表現を意味し、相手を揶揄・侮辱といった危険な仕草になります。

薬指と親指だけ内側に入れる
img via / here

数字の4を示す状態から、薬指を内側に入れた状態。イギリスでは、相手を侮辱する表現になってしまいます。

中指と人差し指をクロスする
img via / here

ベトナムでは卑猥な表現を意味するハンドサインになるので注意!

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!