【素敵】中国の言い伝え!「えくぼがある人の理由」がロマンチックすぎる

笑った時、ほおにできる小さなくぼみ。

中国には「えくぼ」の伝説というものがあるそうで、その言い伝えがとても素敵でロマンチックでした。

えくぼの伝説
img via / here

もっと詳細を知りたい!と思い調べていたところ、言語学習添削サイト「 Lang-8 」に、「中国のえくぼの伝説」という投稿がありました。

それがこちらの文章です。
出典 / Lang-8

中国のえくぼの伝説です。

人間は死んだ後、冥界へいく。鬼門関を抜けるとすぐに黄泉路がある。

黄泉路には彼岸花がいっぱい咲いている。

路のはずれには「忘川河」という河があり、河の上には「奈河橋」がある。

橋には「孟婆」という女が番人をしていて、ここを通りすぎる人に「孟婆スープ」を飲ませる。

孟婆さんのスープを飲めば、友情、愛情、この一生の絆を全部忘れることになる。

そして、心に引っかかるものがない状態で、転生する。

「孟婆スープ」は別名「忘情水」ともいい、飲むと前世も今生も忘れ、一生の愛、恨み、情、仇、一世の浮沈、得失がこのスープと共に全部が消える。何も残らない。

愛する人や恨む人に来世で遇っても、互いに関係のない人になる。

でも、いろいろな理由で、「孟婆スープ」を飲みたいと思わない人もいる。

「孟婆スープ」を飲みたいと思わない人たちには、孟婆さんがこの人たちの体にマークを残さなければならない。

このマークが「えくぼ」である。

「孟婆スープ」を飲まない人たちは、「忘川河」に身投げをしなければならず、氷のように冷たい水の中で千年を待って、輪廻する。

そして、転生後、前世の記憶とマークの「えくぼ」を付けて、前世の恋人を探す。

あなたの周りに、えくぼのある人がいますか。いるなら大切にして下さいね。

彼(彼女)はあなたの前世の恋人かもしれませんから。

あなたにまた遇うため、寂しくて、苦しい千年を待っていたのです。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!