「こんないい奴がいる国だったら」台湾に行った母が財布を落として帰ってきた。すると帰国後…

台湾の親日エピソードは色々あるけど、これを読んでまた台湾が好きになりました。

「こんないい奴がいる国だったら今度行ってみたい」台湾に行った母が財布を落として帰ってきた。

すると帰国後…
出典 / life7.5ch

オレじゃなくて、いやね、ウチの母親なんですよ。母親が台湾に旅行するってんで、お守り持たせた訳ですわ。

母親の入ってる団体の慰安旅行だから別にそんな危ないわけじゃないんですけど、ウチの母親飛行機乗ったことないイナカモンなんで、怖がったから持たせたんです。

お守りっていっても、翡翠の玉(おれが山で拾ってきて磨いてキーホルダーに加工したやつ)なんですけどね。

で、無事帰ってきたおかんがなんか暗い顔してんの。どうしたの、楽しくなかったのか?ってきくと

「財布落とした」って。台北かどっかのタクシーの車内にうっかり忘れてきたみたいだ、って言うんですよ。

財布はともかく、おれに貰った翡翠の玉を入れてたのが申し訳ない、ってなんかもう死にそうな顔で

あほだなあ、おかんが無事で帰ってきたんだからじゅうぶんなんだっつーの、って言ってもまだ立ち直れないの。

んで、そんなことがあって帰国から10日くらいたった日にね、国際郵便が届いたんですわ。

差出人は台湾のヒト。なんじゃこりゃ、とおもって母親が開けると、そこには落とした財布が入ってたのね。

ついてた手紙には「私はタクシーの運転手だが、台北の駅であなたたちを降ろしたあとに財布を見つけた。

追いかけて返そうと思ったが、もう見つからなかったので失礼と思ったが財布の中身を見させてもらった。

運転免許証を見つけたのでその住所にこの財布を送ります。私は日本語が読めないが、祖父が日本語の

読み書きが出来るので代筆してもらいました」とかあったんですよ。

もうね、アホかと。行きずりの外国人のサイフですよ?ネコババしてもばれないのに、律儀に送り返すって、

どういう人たちなのかと。おまけに、入れてたNT$も全額そのまま。

で、封筒には別の包みも入ってて、それには「財布を落としてしまってはお土産が買えなかったのではないか。

とても美しい翡翠の玉が入っていたのであなたは石が好きな人なのだろう。お土産代わりにこれを贈ります。

どうか台湾にまたいらしてください」とかいう手紙と翡翠のブレスレットが入ってたんですよ。

もうね、なんつー人かと。ちょっと書いてて涙出てきちゃうくらい、イイ人じゃないかと。

こんないいやつがいる国だったらこんどはおれも行ってみたいなと思ったわけでした。

スポンサーリンク

ほかの記事もおすすめです!

関連記事とスポンサーリンク
フォローミー!