時代に合ったやり方を!「目で見て盗め」の教えに対する「丁寧に教える派」の考え

何かと便利になっていく世の中で、効率が求められる時代。また、時代によって若者の性格や考え方も変わっていきますし、「若手の育て方」という点も柔軟に変わっていくべきだと思う。

目で見て盗むは教わる側の心構え。その人から「学び姿勢」や「吸収したい感覚」などがあって、根本から放棄して「見て覚えろ・見て盗め」は、自分に教育スキルが無いことの言い訳。

昔はそれでよかったのかもしれないけど、ね?




教える→フィードバック→教える

時代にあったやり方を!

スポンサーリンク

ほかの記事もおすすめです!

関連記事とスポンサーリンク
フォローミー!