事故って新しいバイクを買うってなって、親父から送られてきた手紙。文章を見て息子は「感動…」

我が子の心に響く手紙。それを書くことがどれだけ難しいことだろう。「心配してくれる親の為にも気を付けて運転しようって思えましたね」

そう投稿したのは、Twitterユーザーの『りと(@CrotalusNinja)』さん。事故って新しいバイクを買うってなって、親父から送られてきた手紙。

「凄く良い親父さん…」・「愛溢れる手紙だわ」

とてもステキなお父様。諭す、と説教するの違い。「無理に稼いだ1~2分の時間よりも、無理せず過ごせる遥かに長い時間があることを。」

やりたいことをさせてくれて、応援をしてくれる。しかし決して甘やかすだけでなく、しっかりと大切なことを『伝わるように』伝える。これぞまさに親心。この手紙をずっと大切にして欲しい!

「見習いたい父親」

スポンサーリンク

ほかの記事もおすすめです!

関連記事とスポンサーリンク
フォローミー!