【ノーベル医学・生理学賞】大隅良典教授が心配する『日本の将来の科学』と繰り返し強調したこと

2016年のノーベル医学・生理学賞を受賞した、東京工業大学の大隅良典栄誉教授。

実用化が重視され、基礎科学には厳しい時代。これをやったら必ずいい成果につながるというのが、サイエンスは実はとっても難しい。

本当に役に立つことは10年後、あるいは100年後かもしれない。



少しでも社会がゆとりを持って基礎科学を見守っていただけるようになってほしいと常々思っていて、その努力を私もしたい。




スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!