【ピエリ守山を思い出す】岐阜・LCワールド本巣の生ける廃墟っぷり、本館で売られていたのは…

テナントの相次ぐ撤退で「明るい廃墟」と過去に呼ばれた『ピエリ守山』の当時より生ける廃墟かもしれない。

岐阜にあるショッピングモール『LCワールド本巣』(本館)の生ける廃墟っぷり、元は『真正リオワールドショッピングセンター』という名前だったようです。。。

人の気配が全くない中、本館で売られていたのは…




「107テナントあったのが、本館では食品スーパーの1テナントのみに」、唯一売られていたのは『たまねぎ』だけ。無人でたまねぎを売ってるだけ。

何があった。どうしてこうなった。巨大モールのはずが「たまねぎ専門店」状態に…。

「駐車場に車は1台もおらず」


売れている気配も無い…

生ける廃墟だ…

誰か、誰か…!
img via / lc-world.co.jp


スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!