『宇多田ヒカルのAutomaticに注釈が必要な時代』音楽の歌詞でジェネレーションギャップ8選

( 画像出典 / YouTube

時の流れが早すぎる…。当時新鮮だった宇多田ヒカルの曲ですら、今の若い子にはピンと来ない(´Д`)!

『宇多田ヒカルのAutomaticに注釈が必要な時代』、やめろやめろやめるんだーーー!

そんなに昔の曲でもないと思っていましたが…

宇多田ヒカルさんが「Automatic」でデビューしたのは1998年のこと。えっ!約20年前のこと!?

そっか。そうですよね。仕方ありません。。。

ってことは…

この音を聞く機会もなくなりました…

液晶ですからね…

全て妖怪のせい…

ジェネレーションギャップ

ドキドキしたもんです

当時は紙の手帳、環境は違えどギリギリ一致はする奇跡

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!