【10色】どの色を選ぶ?好きな色でわかるあなたの性格!

好きな色というのは、あなたにとって心地の良い色。

どの色を「心地よい」と感じるかは人それぞれ違いますし、その違いはやがて個性や適正に繋がるようです。

今回は、『好きな色でわかるあなたの性格』という診断をピックアップしてみました!

10色の中からあなたの好きな色を1つ選んでください。

赤を選んだ人

自己主張が強く、何事にも敢然と立ち向かっていくリーダー的存在。

活動的で積極的な反面、感情の起伏が激しく、冷静さを失いがちなところも。

また、常に刺激を求め、性的魅力にあふれています。

外見が物静かに見える人でも、落ち着いた外見とは裏腹に激しい情熱や欲望を秘めています。

ピンクを選んだ人

どんなときでも大きな心で受け止める愛情深い人。

世話好きなところもあり、細かな気配りと優しさを漂わせ、本能的に異性を虜にする未知数の魅力を持っています。

その反面、デリケートで傷つきやすく、また周りにそう思われたいと思っているはず。

つねに愛し愛されることを望んでいます。

オレンジを選んだ人

親しみやすく、家庭的。

温かい心の持ち主で、人なつっこく、誰からも愛される人柄。

社交的で話上手ですが、少々おっちょこちょいな一面もあります。

また、孤独を極端に嫌い、つねに世間の注目を浴びていたい目立ちたがり屋でもあります。

黄色を選んだ人

明るく話し上手で表現力豊かな人です。

好奇心旺盛で、つねに新しいことを求めている個性派。

社交的でユーモアのセンスも抜群なので、人の輪の中心にいるタイプです。

抜け目のないちゃっかり者でもあり、ときおり移り気で自分勝手な行動をとることも。

また、いつも誰かにほめてもらいたいと思っている幼稚さも見られます。

緑を選んだ人

礼儀正しく、決して人の道を踏み外さない人。

謙虚で控えめな常識人ですが、その人の良さから他人に利用されてしまうことも。

また、上品で誠実な人柄、洗練された育ちのよさ、社交的な振る舞いとは裏腹に、都会の生活より田舎の暮らしの静寂と平和に憧れる傾向にあります。

現実的な考えを持ち、自分の理想を根気良く実現させようと努力する人です。

青を選んだ人

冷静で理知的、一つの枠の中で自制できる従順さを持っています。

自立心が高く、まじめで努力家、我慢強い上に根気もあるので、その分、いつも自分の考えは正しいと思っていて、人の意見に耳を貸さないところもあるはず。

言語や行動、服装に気を使うのもこのタイプの特徴です。

紫を選んだ人

並外れた天性の才能に恵まれており、感性や直感力に優れ、より高貴で美的なものを求める傾向にあります。

神秘的な魅力の持ち主ですが、気位が高く、他人を信用できないところも。

つねに周りの注目を浴びていて、それが励みにもなっています。

ときに臆病になることもあり、とらえどころのない人です。

茶色を選んだ人

真面目で穏やか。

そのうえしっかりしている。

あなたの周りには自然と人が集まります。

責任感があり、チームワークを作り出す特技を持っているのが特徴。

堅実で信用があり、感情に走ることもなく誠実な人柄です。

しかし少々保守的で、意思を内に秘めて表に出せず、はにかんだところも。

しっかり貯金を貯めこんでいるタイプです。

黒を選んだ人

意思が強く、少し頑固。

いつも情熱を抑えている人。

人を動かす才能はあるけれど、明るさと素直さに欠ける面も。

独立心に燃えていて、人と関わりあうことを嫌い、自分の世界に閉じこもりがち。周りから神秘的に映ることを望んだり、人に有無を言わせないイメージを与えたいと思っています。

白を選んだ人

気高く、つねに完璧を求めて努力するタイプ。

孤独な雰囲気を漂わせていますが、人から注目されるのはわりと好き。

極めて家庭思いで家庭的な人柄でもあります。

また、白が好きという人は、失われた青春を取り戻したいと心のどこかで感じているようです。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!