【基本ワザ】スマホのバッテリーを長持ちさせるための7つの設定

スマホの電池の減り方が早い…

利用頻度が高いだけに、やはりそれは仕方のないことでもあるのですが、電池の減りを極力抑える方法も存在します。

今回は、今すぐできる基本ワザとして、7つの設定をご紹介したいと思いますので、一度確認してみてください。

画面の自動回転を固定にする。

本体を横に倒すと自動的に横画面に切り替わりますが、電池を消耗する機能の一つといわれています。

画面の明るさは暗めに設定する。

液晶画面が大きい機種ほど、たくさんの電池を消耗します。また、画面が明るいと電池の消耗が速くなるので、画面は暗めに設定してみましょう。

通信機能をオフにする。

Wi-FiやBluetooth・GPSのことですね。これらは圏外にいても電波を探すので、その分電池の消耗が速くなってしまいます。

タスクを常に管理する。

バックグラウンドで動作しているアプリをコマメに管理して、不要な場合は停止させましょう。

効果音をオフ設定にする。

キーを操作するときのサウンド音や、画面ロックを解除するときの音などはオフにしておきましょう。

タイムアウトの時間を短くする。

自動ロックの設定を短くすることで、電池の消費を抑えることができます。

不要なプッシュ通知はオフにする。

プッシュ通知が動作する度に、画面が一瞬オンの状態に変わります。不要なプッシュ通知はオフにして、バッテリーの無駄遣いを抑えましょう。

塵も積もれば山となる。

どれも基本的な小技ばかりです。
少しでも電池が長持ちするように、ご自身の設定を一度見直してみてください。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!