【日本って意外と大きい…!】世界地図とは違う『国の本当の大きさ』が衝撃

私たちが日常で目にする世界地図の多くは、メルカトル図法によって描かれているようです。メルカトル図法とは、1569年にフランドル(現ベルギー)出身の地理学者ゲラルドゥス・メルカトルがデュースブルク(現ドイツ)で発表した地図に使われた投影法だそうです。

世界地図で見るのとは違う『国の本当の大きさ』が衝撃!球体の地球を平面にする過程で歪みが生じていた!?実際の形や面積とは少し異なる!?

実は日本はそんなに小さくない…!?

そうだったんだ…

国の本当の大きさがチェックできる『The True Size Of …』というサイトが以前話題になりました。

実際に調べてみると…?

ここに元々の日本があります。

ロシアの位置に近づけると…

ヨーロッパ諸国と比べてみても

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!