彫刻家の佐藤忠良氏が40年くらい前に小学生に向けて説いた文章。感動して涙が出た

彫刻家の佐藤忠良さんが40年くらい前にまとめた、小学校1年生用の図工の教科書に書かれている文章を、東京造形大学准教授のカイシトモヤ(@room_composite)さんが投稿し話題に。

「これはいい、嬉しくなるね。」・「まさしく、こういうことだと思う。」・「素敵な文章。子供に伝えたい。」

『この本を読む人へ』

この言葉を小学生の頃に聞いていたら。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!