ベビーカーに赤ん坊を乗せ買い物に出かけるも、帰りは土砂降りに。すると、その時…

人に優しくできる人になろう…。

ベビーカーに赤ん坊を乗せ買い物に出かけるも、帰りは土砂降りに。すると、その時…

優しい世界でした

梅雨時のこと。

曇り空だから大丈夫だろう、とベビーカーに赤を乗せて買い物に出かけたら

帰りは土砂降りに。

ベビーカーにはいつもベビーカー用のレインカバーを積んでいるのでそれを装着。

ところが傘を差したままじゃベビーカーってうまく押せない。

自分用のレインコートなんて持ってないし、ベビーカー(というより中の人)が

無事ならいいや、とちょっと小走り気味に家路を急ぎました。

家まであと50m、というところで後ろから軽トラック(たぶん近所の農家の方だと思います)が走ってきて、追い抜いたと思ったらブレーキを踏んで止まり

中から女性が出てきました。

「ちょっとあんた!濡れてるじゃないの!お母さんが風邪引いたら大変じゃない!

とりあえず乗って行きな!・・・って何とかシートがないとダメなんだっけ。じゃあ傘!

傘ならあるよ!」とビニール傘を出してきて渡そうとしてくれました。

家が近所だということと、傘は持ってるけどベビーカーが押せないので差してないことを

告げると「本当に大丈夫?家に着いたらちゃんとあったまって大事にするんだよ。

お母さんは無理しちゃだめなんだからね!赤ちゃんだけじゃなくて自分のことも大事にしなさいね」

と言ってそのまま走り去っていきました。

ちょうどその頃産後鬱になりかけで周囲から「がんばれ」「赤ちゃんがいるからしっかりしないと」

としか言われないことが辛かった時期なので「私の体を心配してくれた」ことと「無理をしなくてもいい」と

言ってくれたことが何よりもうれしかったです。

スポンサーリンク

ほかの記事もおすすめです!

関連記事とスポンサーリンク
フォローミー!