社名変更の新聞広告に「社長確認なしでいいですか?」その理由を知って…もっともっとやれ!笑

最近何かと話題の前澤社長。社名変更の新聞広告に、もっともっとやれ!笑

ZOZOTOWNなどで知られる株式会社スタートトゥデイ改め、株式会社ZOZOグループ社員一同からのメッセージ。素敵な社員さんだなぁて、うるうるしてしまった。すごい信頼関係。

素晴らしい会社だと思った。

拝啓、前澤社長。

この半年ほど、社長が次々と巻き起こす話題や騒動。自分が勤める会社の社長ながら、社員としては若干呆れて見ていました。

女優さんと恋愛するのも、プロ野球チームを持ちたいと夢を語るのも、月にアーティストを連れて行くのも、どれも悪いことではありません。どうぞご自由に!と思います。

しかし、メディアの注目を集めまくる社長の姿をテレビの画面やネット記事で見ていると、私たちが知っている社長とは違うイメージが独り歩きをし、「ZOZOTOWN」やプライベートブランド「ZOZO」までもが、お客様から嫌われてしまうのではないかと不安に思うときもありました。

でも、先日、日本はおろか、地球にとどまることなく月へ、宇宙へ羽ばたこうと子供のように興奮しながら夢を語る社長の笑顔を見て、ついに私たち社員も変わらなければいけないと決意しました。

「人生は自分次第、会社は社員次第。」

これから株式会社ZOZO、プライベートブランド「ZOZO」を地球規模に普及させ、世界的なアパレル企業を目指して行く「第二の創業」は、社長だけではなく、

私たち社員が主役です。

「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を」届けるために、まずは私たち社員が社長よりもカッコよく、社長よりも笑顔を目指し、楽しく働いていきます。

社長、安心して月へ行ってらっしゃい!

これができる社風と受け止める社長。

スポンサーリンク

ほかの記事もおすすめです!

関連記事とスポンサーリンク
フォローミー!