「別府行くより、草津行こうぜ」草津が出した挑戦的な広告かと思ってよくみたら…泣いた

意味を知ってシビれた!「今は、別府行くより、草津行こうぜ。」

草津が出した挑戦的な広告かと思ってよくみたら…

実は別府が出してて…「草津へエールを送ろう!」

「草津白根山の噴火で宿泊客が減少するなどの影響が出ている麓の群馬県草津町の草津温泉をもり立てようと、日本有数の温泉地である大分県別府市が、こんなキャッチフレーズの新聞広告を九州地方の新聞に掲載した。」(出典: 読売新聞

共存共栄!ライバル同士高め合う!

「今が一番苦しい時。風評被害に負けずに、一日も早く元気になってもらいたい」

スポンサーリンク

ほかの記事もおすすめです!

関連記事とスポンサーリンク
フォローミー!