【よくぞ言った】大量の恵方巻き問題。「こんな取り組みをするスーパーマーケットもあるんだ…」

来年はこの動きが広がって欲しいなあ。同じ買い物をするならこういう想いのお店で買い物をしたい。

昨今の「大量の恵方巻きノルマ」等を含む問題。その逆を行く、兵庫県南西部を中心に持続可能な最高品質の自然食品・オーガニック製品の販売を目指しているスーパーマーケット『ヤマダストアー』のチラシが話題になっています。

「こんな取り組みをするスーパーマーケットもあるんだな」

限りあるいろんな物を犠牲にして成り立っているから。(この下に文字起こし有り)
出典 / Facebook

もうやめにしよう

売上至上主義、成長しなきゃ企業じゃない。
そうかもしれないけど、何か最近違和感を感じます。

昨年もあちこちで大量に廃棄された恵方巻がSNSで話題になりましたが、そりゃそうです。
のばせのばせ、ふやせふやせの店舗数と恵方巻の大量生産で数は膨れ上がり続けています。

食材を原価だけで考えてるからそんなことになるんやと思う。水も土も海産資源も地球が無料で私たちに与えてくれます。スーパーの現場で働くと、どんなに偉い学者さんじゃなくても分かります。ヤマダの鮮魚従業員も「海産資源は絶対減ってる」って言ってます。だから大事にしたいんです。

今年も1本1本心を込めて巻きました。ヤマダの巻き寿司は殆どお店で巻いてます。
魚屋さんで魚を切って、お肉屋さんでお肉を焼いて巻いてます。

今年はもしかしたら早くに無くなるかもしれないけれど、ヤマダはこれ以上成長することよりも今を続けられることを大事にしたいです。
最後の1本の恵方巻までお客様に愛されますように。

ちょっと変なスーパー ヤマダストアー株式会社

※今年は全店、昨年実績で作ります
売れ行きに応じて数を増やすことを今年は致しませんので、欠品の場合はご容赦くださいませ

「これぞ正しい取り組み」・「激しく賛成です!」

スポンサーリンク

ほかの記事もおすすめです!

関連記事とスポンサーリンク
フォローミー!