【これは本気で推奨したい】バレンタインに向けたゴディバの全面広告に共感の声多数

非常に共感を得る内容。

あの『ゴディバ』がバレンタインに向けた全面広告を打ち出した。

「ゴディバ攻めてる」・「疲弊しない社会になって欲しい」(この下に文字起こしあり)

日本は、義理チョコをやめよう。

バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。
その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。
なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。
気を使う、お金も使う、でも自分からはやめづらい。
それが毎年もどかしい、というのです。

それはこの国の女性たちをずっと
見てきた私たちもゴディバも、肌で感じてきたこと。
もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。
いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。
それそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。
社内の人間関係を調整する日ではない。だから男性のみなさんから、
とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、
言ってあげてください。「義理チョコ、ムリしないで」と、

気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから。
そしてバレンタインデーを、もっと好きになってほしいから。
愛してる。好きです。本当にありがとう。そんな儀礼ではない、
心からの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。

ゴディバジャパン株式会社
代表取締役社長
ジェローム・シュシャン

よくぞ言ってくれた!特に「職場」の!

スポンサーリンク

ほかの記事もおすすめです!

関連記事とスポンサーリンク
フォローミー!