「家出るときは晴れてたのに…」実家から大学までが遠かった人にありがちなこと18選

( 画像出典 / thechive

実家から大学までが遠かった人・遠い人にありがちなこと。

一人暮らしすれば?は禁句です。

1.実家と大学付近で天気が違う

「家出るときは晴れてたのによ…」

2.すでに向かっている件について

「一限目休講だってさ」

3.一限目に授業入れるのやめよう

「必修…だと?」

4.むしろ通学は0限

「我々の朝は早いのだ」

5.忘れ物に気づいたときの絶望感

「取りに帰れば遅刻です」

6.携帯の充電が切れたときの絶望感

「絶対いっぱい連絡きてるよぉ…」→「新着メッセージは一件です」

7.三限目からが授業の日

「お昼ご飯いつ食べたらいいの…」

8.第一声が決まり文句の友人

「今日は何時に家出たの?」

9.ルームシェアへの憧れがあった

「友達と語ったあの話はどこかに消えた」

10.一人暮らしを始めたい

「お父さんに聞きなさい」と「お母さんに聞きなさい」のコンボでワンセット

11.友達の家に泊めてもらった時のラクさ

「いつもだったらもう家出てるなぁ」

12.計算は誰よりも早い

「このまま帰ると家につくのは21時30分かぁ…」

13.電車の遅延がとにかく恐怖

「一分の遅れは十五分の遅刻です」

14.同じ電車に乗ってくる見知らぬ人に親近感

「今日はいないな」→「風邪引いたか?」

15.なんでこんなに乗り換えが多いのかを考える

「もっとラクできる通学経路があるはず」→「こんな複雑な経路あんのかよ」

16.休みの日だって言うのに

「やべっ、寝過ごした」からの安心感

17.夏休み終了後に思うこと

「あれ?大学のとき何時に起きてたっけ?」

18.なんだかんだ言って通いきった自分がいる

負けなかった自分に乾杯!

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!