匿名で他人を叩くネットの声に対して。髭男爵・山田ルイ53世の言葉に共感の嵐

「核心をついていて何にも言えない」・「めちゃくちゃ的を射ているなあ」

お笑いコンビ・髭男爵の山田ルイ53世さんが、バラエティ番組「ワイドナショー」に出演したときのこと。

「匿名で他人を叩くネットの声に対して」

この日、「エゴサーチ(自分の名前をネットで検索し評価を確認すること)とかよくされるんですか?」という問いかけに対して、「結構しますね、もう頻繁に。」と返した山田ルイ53世さん。あるとき、地方のスーパーの余興みたいなものに行ったときのことを語ります。

「僕は頑張ろう思って行ってるんですよ」、するとそこの地元の男の子・高校生が「髭男爵が近所のスーパーマーケットに来る。こんなど田舎まで来るなんてもう終わってる」と書かれているのを見つけてしまったそう。

「いやいや、お前を育んでくれた地元を犠牲にしてまでね…髭男爵をディスるかと。おかしないですか?こういう感覚。」・「おもろないとか消えたとか」・「これだけは言いたい」

鋭い発言に会場は大爆笑。

これを見た人からは、「この言葉は刺さる」・「コメンテーターとしてももっと活躍してほしい」・「山田ルイ53世は好きだな」などの声が見られました。

『その厳しい目、自分自身の人生に向ける勇気ある?』

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!