「板を重ねて立体的な入れ物を作りましょう」高校1年生の工芸授業で編み出した作品→すごい!

高校1年生の時に、工芸の授業で編み出してしまった作品…。「板を重ねて立体的な入れ物を作りましょう」と言われて!

先生的には『動物』とか『乗り物』の形をした『入れ物』や『ペン立て』を作って欲しかった所を、デザインできないから技術を入れようとして…。そう語るのはこの作品を作った『リーチ ルクク(@reach_lukuku)』さん。

「鍵の機構」

高校一年生でこれだけのモノを作るとは…!

発想もすごい!ステキ!

素晴らしいΣ(*゚д゚*)

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!