【感慨深い】新聞広告クリエーティブコンテストの歴代受賞作品が素敵(7枚)

じっくりと考えながら眺めたい広告。意味を噛み締めながらずっと見ていたい広告。

新聞広告クリエーティブコンテスト の歴代受賞作品には、非常に考えさせられる広告がたくさんありました。今回は計7枚をピックアップさせて頂きました。

いつも通り。
img via / here

いつも通り。その素晴らしき響き。何気ない日常に、どれだけの幸せを感じられていますか?

『ニンゲン』で終わるか。
img via / here

「ちきゅうたんじょう」からはじまるしりとり。最後に使うの、「にんげん」で終わっていいのですか?

気持ち次第。
img via / here

忙しいと取るか。頼られていると取るか。気持ち次第で変わる。

そう思いながら新聞をめくる。
img via / here

毎日どこかで事件が起きてしまっている現状。それがそもそもおかしいということにもっと敏感にならなければ。

少し、離れて見る。
img via / here

この画像に書かれている文字、それは家族です。離れて見ると文字が読み取れる。離れてみると、その大切さに気付くということ。

気にかける絆から。
img via / here

空っぽになっていることは無事に暮らしているサイン。きっとそんなことから、少しずつ地域の「絆」は生まれるのかもしれません。

一方的な「めでたし、めでたし」を生まないために。
img via / here

当たり前に使われる「めでたし、めでたし。」が、異なる視点から見ればそう言えないのでは?ということを表現。広げよう、あなたが見ている世界。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!