【知ってました??】「もうすぐ終わり」は勘違い!掃除機のコード、黄色い印の本当の意味

掃除機に収納されているコード!引っ張り出していくと、最後に近づくにつれて『黄色い印』が出てきます!そして、これ以上引っ張れないところまで行くと『赤い印』が出てきます!

この黄色い印、「もうすぐ終わりですよ~」・「これ以上コードを引っ張ると、赤い印が出てきて限界ですよ~」を知らせる警告的なものかと思いきや、そんなことよりもっと重要な役割があった!

へぇぇぇ、勘違いしていました!


黄はここまで出してね!赤はコレ以上は引っ張らないで!(一部メーカーでは異なる)

黄色印以下の状態のまま使い続けると、熱がこもってしまって発熱してしまう可能性などがあるようで、黄色印はそれを防ぐための印のようです!

『掃除機のコードは黄色い印まで出しましょう』

掃除機のコードには、赤と黄色のテープが巻いてあります。赤は直感でわかるように、「それ以上引き延ばしたら断線などの故障の原因に」という警告のサイン。じゃあ黄色は信号と同じように注意喚起? と思いきや、じつは「ここまでコードを出しましょう」という意味なのです。コードは黄色のテープのところまで引き出して使いましょう。

なるほど!知らなかった!

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!