「事故で片足を切断…」現場で怪我をしている人を目の前に、絶対口にしてはいけない言葉

写真AC

事故現場の近くを通ったとき、絶対口にしてはいけない言葉。第三者の目撃者が気をつけなければいけないこと。

言葉には重みがあります。言葉の持つ重み。Twitterユーザーのひろとさん(@AirHiro0528)が投稿した、人命救助に関わる人から聞いたというエピソードに注目が集まっています。

「本人の目の前で、正確な怪我の状態を口にしてはいけません」

「もう助からない」と言われるのと、「大丈夫大丈夫、助かるから」と言われるのでは全然違います。

動揺させるようなことを言ってはいけない。再度改めて、そして誰もが知っておくべき大事な知識です。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!