「マジすかマジすか」携帯電話がなかった頃、人はどうやって待ち合わせしていたか→驚愕する10代

連絡したいと思えばいつでも連絡ができる。携帯電話一つで繋がりたいときに「人」と繋がれる便利な時代になりました。

「携帯電話がなかった頃、人はどうやって待ち合わせをしていたか」、カフェの隣の席で聞いた10代若者の反応が微笑ましいものでした!懐かしいなぁ…。

若者「マジすか!マジすか!」

思えば公衆電話を見つける方が難しくなっている昨今。

『電話』にまつわる淡い思い出はそれぞれお持ちかと思いますが、好きな異性に電話を掛ける際「怖いお父さんが出るんじゃないか」・「今電話しても大丈夫なのか」など、細かいことに色々と気を使ったものです。

連絡手段は限られている、時間は厳守

ありましたありました!こういうの!

会えるまでドキドキ感、会えたときの嬉しさ

何かと便利になっている一方で、「相手を想う時間」や「穏やかな時間」が失われつつあるのかもしれません。

20年後・30年後、その頃の若者たちはまた今の時代のことを不思議に思う日が当然のようにやってくるのでしょう。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!