「二度とさせないのが大切」こういうやり方もある!子供がイジメにあってしまった時の対処法

もしも我が子がイジメられていたとしたら…。イジメにあってしまっていたら…。イジメは非常にデリケートな問題で、子供たちの環境や状況によって一概に「こうしろ!」と言えるものでもありません。

こういうやり方もある!ということを知っていてほしい!Twitterユーザーの『@yosinotennin』さんが紹介した対処法に多くの注目が集まっています。

「成長を見守ってやってください」、そういう問題ではないのです!

学校の中だけで解決しようとするのではなく、外部の力を利用する。

病院が診断書をくれた→「次に何かありましたら学校は通しません」・「これ以降はないとお考えください」、今回のケースの場合はこうしてピタっとなくなったという一例でした。

「二度とさせないのが大切」

もしも精神的なイジメだったら…

子供たちだけの問題にさせるのではなく、大人がどう対応するか、安心させてあげられるか。

どんな事でも話し合える親子関係を築くこと。そして子供の小さな変化に気付いてあげることが大切です。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!