【驚きの姿に変身した…!】真っ黒なドレスを「死海」に2年間沈めておいたら→こうなった8枚

塩分濃度が高いことで知られている「死海」に、真っ黒なドレスを2年間沈めておいたら!

イスラエルのアーティスト『Sigalit Landau』さんが手掛けたアートに世界の注目が集まっています!ドレスはどんな姿に変わったのか?完成した作品のタイトルは?(出典: boredpanda , MY MODERN MET

2014年、真っ黒なドレスはしっかりと固定され沈められました!

時は流れ、徐々に塩の結晶がドレスに付着していきました!

月日が経つにつれ…

黒かったドレスが白くなっていく!

そしてついに引き上げられ…

真っ黒だったドレスは真っ白に!

塩のクリスタル、純白のドレス!

Sigalit Landauさんのこの作品は、ベラルーシ出身の劇作家シュロイメ・アンスキーが1916年に作った戯曲『ディブック』がモチーフになっているんだそう!

亡くなった恋人に憑りつかれた主人公が登場する戯曲。ヒロインが着用していた黒いドレスの複製品は真っ白なドレスに一変し、なんともロマン溢れる作品になりました!

アート作品:自然が完成させた「Salt Bride(塩の花嫁)」

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!