リオ五輪で結果を出せず落ち込んでいた女性スイマー、自宅に戻ると驚きの光景が待っていた7枚

競泳のアメリカ代表、メリッサ・フランクリン選手。2012年のロンドン五輪では、100m・200mの背泳ぎで金メダル、メドレーと2つの自由形のリレーで金メダル・銅メダルを獲得していました。

そして今回のリオ五輪、個人200m背泳ぎの準決勝では7位。個人200m自由形では準決勝で8位。自由形リレーでは金メダルを獲得したものの、結果を出せなかったことに落ち込んでいました。

「私の人生で最も辛い数週間でした。私は自宅に戻ること、私を誇りに思ってくれている人たちと顔を合わせることがとても心配でした。」(出典: news.com.au , Facebook

そんな気持ちの中、自宅に戻ると…庭が沢山のハートで埋め尽くされていた。

無数に広がるハート形の紙。それぞれには健闘を称える手書きのメッセージや励ましの言葉が。

家の壁には子どもたちが綴った寄せ書きまで。

「揺るがない応援を続けてくれた仲間に、感謝の気持ちでいっぱいです」


暖かい演出で迎えてくれたサプライズ。

「私のコミュニティは世界でも最高です!」、最大限の力を尽くして闘ってくれた姿に、応援する人は皆、心を動かされるのです。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!