【目線を合わせ肩に触れながらアドバイスする姿は…】愛ちゃんが写った2枚の写真に涙が溢れてくる

卓球日本女子、涙の銅メダル。リオデジャネイロ五輪で卓球女子団体の3位決定戦が行われ、日本はシンガポールを破り銅メダルを獲得しました。

そんな中、福原愛選手こと愛ちゃんは8月14日・中国版ツイッター『微博ウェイボー)』にて母親と写る幼少期の画像を投稿しているのですが、そのときの様子と伊藤美誠選手にアドバイスしている姿の2枚の写真に涙が溢れてきます。

お札を持って喜ぶ福原愛選手

目線を合わせ肩に触れながらアドバイスする姿は…


「8月13日は、私が卓球を始めた日。今年で25年目を迎えた。お母さん、そして全ての人に感謝している。みんながいたから今の私がいる。」

子供のころから「泣き虫」で知られた愛ちゃん。泣きながら球を打ち返す姿は今でも印象に残っています。

こうやってまた想いは受け継がれていく

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!