【パスタ茹でると先端が燃え出す】料理が苦手な人にありがちな14のこと(あるある)

( 画像出典 / Imgur

振り返ってみると全部自分のことでした\(^o^)/

ポジティブに考えるんだ…誰もが通った道であると…!

コショウ少々がどれくらいかわからない

→人によってサジ加減違くない?

実力もないのに変わった調味料は好き

→効果はいまいちわかっていない。

レシピ通り作ったのにこれじゃない感

→そう思っていることが既に怖い。

「弱火で10分なら強火でやれば5分くらいでおわるよね」

→ほら、言わんこっちゃない。

本の通りにしてみればいいのに要らぬアレンジをする

→そこのキミ、キミのことだ!

「得意料理は鍋です」

→まずい鍋なんてないわ!

クックパッドは写真のあるやつだけ

→ありがとうクックパッド!

残り物で何か一品が出来ない

→憧れるセリフ「冷蔵庫にあるものだけで作りました」

隠し味が一切隠れてない

→一口目は美味しいという罠。

味見をすればするほどおかしな味に

→得意技は錬金術です!

「意外と美味しいじゃん!」

→無理して食べれない事はないという意

なぜ上手くいったのか本人さえわかっていない奇跡の料理

→だから勘違いする。

口癖は「腹に入ったら何でも同じ」

→褒めてもらえると次も頑張ります!

やればできる子だと思っている

→今は経験値が足りないだけだ!

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!