【1000手を読むのは大変、けど…】プロ棋士・羽生善治の思考回路「どういうこと」・「スゲェ」

史上初の七冠達成者、天才棋士「羽生善治」の思考回路。

羽生善治の将棋。対局の際、何手くらい読めているのか。何手くらいまで読めるのか。そんな質問に対する返答が話題に。

一体何者なの…




30分とか1時間…

羽生善治の脳内…若手も燃え尽きるはずです!


スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!