コーチと掴んだ快挙!マイケル・チャンが錦織圭に初対面で言ったこと

テニスの全米オープンに出場している錦織圭選手は9月7日、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)を3-1で下し、日本人初となるグランドスラム決勝進出を決めました!

錦織選手がこれほどの成績を残せるようになった理由に、日本テニス協会の八田修孝広報委員長は、「コーチに就任したマイケル・チャン氏の存在が大きいでしょう」と言っています。

二人のツーショット
img via / here

コーチに就任したのは2013年12月

この時点で錦織選手は世界ランク20位。

「基本がなってない」・「故障抱えてるのを言い訳にするな」・「こんな練習量で世界一とか舐めてるのか?」などの激を飛ばし、また、「多分、君は私を嫌いになるだろう」と言えるところに、マイケル・チャン氏の全てが集約されているように伺えます。

錦織選手に初対面で言ったこと
出典 / YouTube

『フェデラーと決勝で対戦するなんてワクワクします』と。

『彼は偉大な選手で、昔から私の憧れの選手なのです』と。

あなたの過ちはそこです。

コートの外で誰かを尊敬するのは構いません。

しかし、コートに入ったら『お前は邪魔な存在なんだ』と言い切る決意が必要なんです。

『優勝するのはお前じゃない!俺だ!」という気持ちでなければ、戦う前に負けています。

『過去の実績なんて試合には関係ないんだ』という強い気持ちが必要です。

あなたは相手が誰であろうと、勝つことだけを考えるのです。

想像を絶する「鬼特訓」

錦織選手が、この先世界の頂点を狙う上で必要なことを、身を以て理解していたコーチ。

やはり、世界でこれだけ活躍する選手の努力量は尋常ではないのですね。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!