【大阪・道頓堀】5代目のグリコ看板が引退。当時の写真と共に振り返る看板

2014年11月28日まで、江崎記念館にて『グリコ看板リニューアル記念特別展(道頓堀グリコネオン展)』が開催されています。

グリコの看板といえば大阪の象徴の1つで、誰もが1度はこの看板を背景に記念撮影をした経験があるのではないでしょうか。

画質の粗さに時代を感じるかもしれませんが、歴代の看板を当時の写真でご覧ください。

初代 / 昭和10年代
出典 / here

高さ33Mを誇るネオン塔だった。

2代目 / 昭和30年代
出典 / here

戦時中の鉄材供出のため初代看板が撤去され、昭和30年に再建された2代目看板。

3代目 / 昭和38年~
出典 / here

噴水ネオン塔で、中心部にある150本の水車状のノズルから水が噴き出していた。

4代目 / 昭和47年~
出典 / here

バックになっている陸上競技場のトラック部分が点滅する躍動感があるネオン。

5代目 / 平成10年~
出典 / here

背景には、大阪城、海遊館、大阪ドーム、通天閣が描かれています。

時代と共に変わってきた『ゴールインマーク』

グリコの看板の図柄は『ゴールインマーク』と呼び、これは健康のシンボルとしておなじみですが、この『ゴールインマーク』も時代と共に変化してきたようですので、併せてご紹介させて頂きます。

大正11年~昭和3年
img via / here

昭和3年~昭和20年
img via / here

昭和20年~昭和28年
img via / here

昭和28年~昭和41年
img via / here

昭和41年~昭和46年
img via / here

昭和46年~平成4年
img via / here

平成4年~現在
img via / here

(´-`).。oO( 秋に登場予定の6代目も楽しみですね!

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!