その持ち方は危ないです!画像で再認識する「傘」の持ち方マナー(5枚)

雨の日の心配事。雨上がりの心配事。傘の持ち方は周囲への配慮が大切です。

1人1人がマナーを守ること。意識すること。それを忘れたとき、無意識のうちに周りの人が迷惑と感じたり、危ない思いをしているかもしれません。

こういう持ち方をすると大変危険です。

危ない持ち方をすると凶器に変わります。

自転車も最近多いです。

階段だけでなく、平地でも同じです!

キャッチコピー「キミの傘、後ろの人の目の高さ」

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!