【異彩を放ちすぎ】一際輝いていた「お~いお茶」の俳句(7枚)

お~いお茶の俳句はついつい見てしまう!

お茶を飲み、安らぎながら、読む俳句!そのひと時は格別なものありますが、一際輝きすぎていた独創性溢れる俳句だけをピックアップしてみました!

一番右の俳句ががが!

真ん中の俳句のドSっぷりがたまらない!

両方とも哀愁がヤバい!

左から三番目!

一番右!

これも一番右!ママに見られたら怒られるよ!

ラスト!

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!