【心に刺さる】何事にも感謝を忘れずに『おかげさまで』と言える人でありたい

人間がいかにわがままで無いものねだりをしているか。今ある状況に不平不満を漏らし、決して「当たり前」ではないことを「当たり前」だと勘違いしている。

そこにある日々の幸せに感謝を忘れずに、『おかげさまで』と言える人であり続けたい。

おかげさま / 上所重助
img via / here

夏が来ると「冬がいい」と言う

冬が来ると「夏がいい」と言う

太ると「痩せたい」と言い

痩せると「太りたい」と言う

忙しいと「暇になりたい」と言い

暇になると「忙しい方がいい」と言う

自分に都合のいい人は「善い人だ」と言い

自分に都合が悪くなると「悪い人だ」と言う

借りた傘も 雨が上がれば邪魔になる

金を持てば 古びた女房が邪魔になる

所帯を持てば 親さえも邪魔になる

衣食住は昔に比べりゃ天国だが

上を見て不平不満の明け暮れ

隣を見て愚痴ばかり

どうして自分を見つめないのか

静かに考えてみるがよい

一体自分とは何なのか

親のおかげ

先生のおかげ

世間様のおかげの固まりが自分ではないか

つまらぬ自我妄執を捨てて

得手勝手を慎んだら

世の中はきっと明るくなるだろう

「俺が」、「俺が」を捨てて

「おかげさまで」、「おかげさまで」と暮らしたい

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!