【胸が熱くなった】香川選手のPK失敗直後に映った、長谷部選手の1シーン

昨日(2015年1月23日)に行われた、サッカーアジア杯準々決勝。

1-1のまま突入したPK戦で勝利を勝ち取ることはできず、6人目のキッカーを務めた香川選手のシュートはポストを叩いて外れてしまいました。

試合後の香川選手のコメント
img via / ゲキサカ

責任を感じるし、申し訳ない。試合の中でもチャンスがあったし、PKもそうだし、申し訳ない。

あらゆる重圧の中で行われるPK戦。

外してしまったときに感じる孤独感は、物凄く大きいものがあるのですが、失敗直後に、多くを語らず香川選手へ歩み寄る長谷部選手の1シーンに胸が熱くなりました。

みんなの反応

短い1シーンの中から、長谷部選手の伝えたい想いがストレートに伝わってくる。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!