【人の失敗を、そっと消せる人になりたいな】この詩を読むと心が洗われる

今回ピックアップさせて頂いた詩は、戦後を代表する詩人だと言われていた、まど・みちおさんの「消しゴム」です。

消しゴムのように、「自分の身を削って他人を助ける」ということ、正しい事や美しい事を残していくという消しゴムの役割を再度考えた時、なんだかすごく考えさせられるものがありました。

消しゴム / まど・みちお
img via / here

自分が 書きちがえたのでもないが いそいそと けす

自分が書いた ウソでもないが いそいそと けす

自分がよごした よごれでもないが いそいそと けす

そして けすたびにけっきょく

自分がちびていって きえて なくなってしまう

いそいそと いそいそと

正しいと 思ったことだけを

ほんとうと 思ったことだけを

美しいと 思ったことだけを

自分のかわりのように のこしておいて

誰だって失敗したり うっかりしたりする

そんな人の失敗を そっと消せる人になりたいな

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!