「もうおねがい、ゆるして」虐待死の女の子が残した書き込みに胸が痛む、許せない

ほんとうに悲しすぎる、戦慄した。東京都目黒区のアパートで3月、当時5歳の船戸結愛ちゃんが父親からの暴行直後に死亡した事件。

結愛ちゃんは、自宅に手書きの文章を残していたといいます。警視庁が明らかにした文章の内容。(出典・参照元: 産経フォト , NHKニュース

5歳児が書き残した言葉

ママ もうパパとママにいわれなくても

しっかりじぶんから きょうよりか

あしたはもっともっと できるようにするから

もうおねがい ゆるして ゆるしてください

おねがいします

ほんとうにもう おなじことはしません ゆるして

きのうまでぜんぜんできてなかったこと

これまでまいにちやってきたことを なおします

これまでどんだけあほみたいにあそんだか

あそぶってあほみたいだからやめる

もうぜったいぜったい やらないからね

ぜったい やくそくします

虐待なんてことが二度と起きないように

スポンサーリンク

ほかの記事もおすすめです!

関連記事とスポンサーリンク
フォローミー!