すごくわかる!「この作品の何が良いのか分からない」という批判は、自分の首を締めてしまっていた

「理解出来ない作品=悪い作品」と判断してしまい、自分の首を締めてしまっていた…という話。

パッと見の印象で「好き嫌いを判断すること」に反対しているわけではありません。でも…「楽しめないのには楽しめない理由もある」

そんな文言が刺さった思い出




この漫画を投稿したのは『さわぐち けいすけ(@tricolorebicol1)』さん。知識も無かった幼い頃に、「理解不能=悪い作品」と考えた自分を恥じた思い出。

自分が理解できないものでも、そこには沢山の魅力や世界が広がっていたり、知れば知れば奥深かったり、面白くなってきたりするものもあります。「芸術」だけに限らず、またどの分野でも、その良さがわかる「頃」というのもあったりしますし。

視野が狭くなること、それはもったいない。

スポンサードリンク

ほかの記事もおすすめです!

フォローミー!